(23,378 - 33 - 17)
公益財団法人 高知県山村林業振興基金

事業の概要について

3.林業新規就業者、林業技術者及び後継者養成のための研修会開催事業

緑の雇用担い手対策事業

新規就業者を確保・育成するために、フォレストワーカー(林業作業士)の育成を目的に3年間の基本的な研修を実施します。

加えて、林業事業体が行うフォレストワーカー研修の実地研修に関する監督・検査を実施し、林業労働力の育成、確保を推進します。
緑の雇用担い手対策事業

森林保全ボランティア作業安全研修事業

森林保全ボランティア団体の会員等を対象に、伐木作業に係る安全衛生に関する知識や技術の向上を図る研修を実施します。

林業労働力確保支援センター事業

林業技術者及び後継者を養成するため、労働安全衛生法に基づき、林業作業に必要な資格・免許を習得させるための研修を実施します。
(平成23年度実績 106団体)


林業就業者確保対策事業

林業への就業を新たに希望する求職者を対象に20日程度の体験講習等を実施します。

また、林業就業者確保対策として、無料職業紹介事業(林業の職業に限る)、高校生を対象としたインターンシップ事業及び新規就労者へのフォローアップ等の事業を実施するとともに、研修館研修室の空き日を利用して林業事業体職員等を対象とした各種研修を実施します。
(平成23年度実績 107名)
林業就業者確保対策事業

企画研修事業

高知県立森林研修センター研修館の管理に関する基本協定書に基づき、基金独自による各種の企画研修事業を実施します。

(ア)森林評価研修
 立木を購入する際、必要な立木材積の測定、搬出経費の算定等、立木評価の算定方法の研修を実施します。
 (平成23年度実績 10名)

(イ)財務・会計・簿記研修
 事業体に必要な会計・簿記の研修と財務分析に必要な研修を実施します。
 (平成23年度実績 28名)

(ウ)ビジネスマナーアップ研修
 来客者や電話での応対、態度、挨拶、言葉づかい等、基本マナーの向上を目的とした研修を実施します。
 (平成23年度実績 5名)

森林研修センター研修館管理運営事業

高知県立森林研修センター研修館の管理に関する基本協定書に基づき、森林研修センター研修館の管理運営、食堂運営、警備を実施します。



改善計画の認定に係る事前審査事業

林業事業体の労働環境改善計画書を事前審査するもので、併せて事業体に労働環境等について指導を行います。
このサイト内でのご意見・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。
Copyright(C)2017(公財)高知県山村林業振興基金All Rights Reserved.